カテゴリー
Subscribe Now

* You will receive the latest news and updates on your favorite celebrities!

Trending News
Rampsをはじめるきっかけ 

  目次1 日本からの電話2 日本行きを阻む香港政府のコロナ対策3 34歳のふわっとした夢…

Blog Post

【ホテル宿泊記】ザ ロイヤルパークキャンバス 銀座 8|三菱地所の新業態ホテル
Hotel

【ホテル宿泊記】ザ ロイヤルパークキャンバス 銀座 8|三菱地所の新業態ホテル 

2020年ミシュラン一つ星 Ode 生井祐介氏監修のオールデイダイニング「Opus」がメインレストランとして入っている「The Royal Park Canvas Ginza 8(ザロイヤルパークキャンバス銀座8)」を訪問。

レストランだけでなく、ホテルの他の空間もゲストハウスとビジネスホテルを足して2で割った感じのコンセプトのように思えた。

高級感のあり、黒のフレームはシックな印象。

Royal Park Canvas Ginza 8

 

TEA SALON(ティーサロン)

入ってすぐ左手が、TEA SALON(ティーサロン)となっている。営業時間は、2021年12月21日時点では変更されているので注意が必要だ。

● 7:00~10:30(L.O.10:00)朝食のみ提供(洋食・和食)
● 12:00~21:00(L.O.20:30)

Royal Park Canvas Ginza 8
Bar top
Juice
Juice

 

MUSIC LIBRARY(ミュージックライブラリー)

スタッフが厳選したレコードが並びゲストが自由に聞くことができる。

Music

 

LOUNGE(ラウンジ)

新たな出会いと体験が生まれるをコンセプトにしているCANVAS LOUNGE。宿泊中もフラワーアレンジメントのイベントなどが開催されていた。

Lounge

一人がけのソファ席もあり、読書するのに最適!

Lounge

グループ旅の場合はみんなでソファ周りに集うのもあり。

Lounge

一人用のデスクも2つあった。左右の仕切りが没入感を演出してくるため、仕事に集中できる。

Desk

CANVAS KITCHEN(キャンバスキッチン)

共用のキッチン。ゲストは自由に使うことができる。イベントなども開催できる。

Lounge
Lounge

バルミューダの電子レンジもあった。

Lounge

 

FITNESS ROOM(フィットネスルーム)

狭いスペースながら、有酸素も無酸素運動もできる器具が揃っている。

Fitness
Fitness

 

コインランドリー

コインランドリーは旧型が設置されていたが、最近のビジネスホテルはドラム式洗濯機が置かれていることが多い中でこれは少し残念。

Laundry

 

14階 レストラン「Opus(オーパス)」

メニューは、2020年ミシュラン一つ星を獲得した東京・広尾人気フランス料理レストラン「Ode」のオーナーシェフ・生井祐介氏が監修。日本各地から取り寄せた魚介や野菜を、特性窯で調理する「モダンシーフードグリル」。内装から料理、器、アート、そして音楽まで、統一した美意識により生みだされる洗練されたモダンな空間に、銀座の願望を楽しめる専用テラスも併設したオールデイダイニング。ランチもディナーも。

レストランの詳細は、別の記事で。

Opus
Opus

 

部屋

客室は、全部で5タイプあり、ビジネス客からファミリー層、もしくは友人・カップルで泊まるための幅広い層をターゲットとしていると思われる。尚、全室禁煙だ。

    • デラックス(ツインA / ツインB)  30㎡ 

    • スーペリア(ダブル / ツインA / ツインB) 23〜25㎡  (今回宿泊した部屋)

    • スタンダードダブル / ツイン / キング) 17〜20 

    • コンセプトルーム(GINZA MODERN / クリエイターズ・ルーム) 25㎡

    • ユニバーサルルーム  25.1㎡

    今回宿泊したのは『スタンダードキング』。7泊した平均価格は約6,680円だった。ハードは良かったが、サービスなどのソフト面は可もなく不可もなくという印象。

    Room
    Opus
    Opus
    Opus
    Room
    Shoe
    Shoe

     

    バスルーム

    浴室は付いておらず、シャワーブースタイプ。トイレも同じ空間にある。

    Bathroom
    Bathroom
    Bathroom

     

    ミニバー

    ミニバーもシンプルだが、コーヒーや紅茶などはフロントの横で必要な分だけいただける。

    Minibar

    写真撮影はしていないが、冷蔵庫も完備。

     

    今回の宿泊料金

    今回は7泊合計で46,761円(1泊あたり6,680円)。銀座の一等地でこの値段は破格な気がする。

    予約方法

    今回は Booking.com で予約したが、 一休.com の 30倍ポイントプランや Agoda も確認し、お得なキャンペーンが内科を見逃さないようにしよう。

     

    ホテルの場所・アクセス

    東京駅からタクシーで10分の距離に全ての棟がある。

    東京駅からタクシー配車アプリ『GO TAXI』でホテルまで行くのが便利です。その場合は、クーポンコード『mf-pjah3t』を入れてもらえれば、今なら5,000円のクーポンが付与される。キャンペーンが終わっても2,000円のクーポンが付与されるのでぜひ。

    もし、この記事に興味を持ってくれた人がいれば、Twitter でフォローしてもらえると嬉しいです。

     

    他のホテルの宿泊記

    Related posts

    コメントを残す

    Required fields are marked *