カテゴリー
Subscribe Now

* You will receive the latest news and updates on your favorite celebrities!

Trending News
Rampsをはじめるきっかけ 

  目次1 日本からの電話2 日本行きを阻む香港政府のコロナ対策3 34歳のふわっとした夢…

Blog Post

【ホテル宿泊記】ネストホテル那覇久茂地|これ以上のビジネスホテルはなかなか現れないかもしれない
Hotel

【ホテル宿泊記】ネストホテル那覇久茂地|これ以上のビジネスホテルはなかなか現れないかもしれない 

沖縄の那覇に新しいビジネスモデルができた。ネストホテルブランドの新ホテル『ネストホテル那覇久茂地』だ。タイトルの通りだが、これ以上のビジネスホテルはなかなか現れないのではないかと思うぐらいの衝撃を受けた。このクオリティーで、この価格。満足せずにはいられず何度も延泊してしまった程だ。東南アジアへ旅行をしている気分してくれるインテリアは最高でした。

エントランスの扉を開けると、2階のレストランに続く階段を横に、1階はラウンジ、奥にはフロントがある。この2階のラウンジがすごかった。宿泊客は無料で使え、ドリンクも飲み放題だ。これはオープニングキャンペーンの一つだった可能性もあるが、少しアジアンテイストな家具が居心地の良い空間を作り出している。

Entrance

 

部屋

客室は、全部で8タイプあり、テラス席付きの部屋、それぞれテーマが異なり面白い設計になっている。

  • Executive King Room 22平米(テラス付き)
  • Executive Twin Room 22平米(テラス付き)
  • Fourth Room 30平米
  • Deluxe Twin Room 21平米
  • Hollywood Twin Room 19平米
  • Twin Room 19平米
  • Double Room 20平米 ← 今回泊まった部屋

部屋に入って右に進むと部屋へと続く廊下にはハンガー、消臭スプレー、スリッパなどがある。

Path

一番感動したのはこの先。

Room

写真のとり方が下手であまり強調できてないが、天井がかなり以上に高かった。その効果で部屋のサイズは20平米とそこまで広くはないのに、部屋がとても広く感じた。

Room

一人には十分すぎるダブルベッド。

Bed

ベッドのヘッドボードには、部屋の電気をコントロールできるスイッチ、それからUSBケーブル、電源があった。

Button

USB-Cがないのは残念。

Button

 

バスルーム

個人的にはユニットバスタイプはあまり好まないが、新築の空間はとても快適だった。一通りのアメニティ、ドライヤーなど揃っていた。

Bathroom

 

ミニバー

ミニバーは、部屋に入った左手すぐにある(写真は奥)。この位置は表示便利だと感じた。自宅に帰ってきたあとに靴箱の上に鍵とかを置く感覚で小物を置ける。

Entrance

アジアンテイストの家具の中には、左側に収納棚、右側に冷蔵庫、セーフティボックスがある。

Entrance

冷蔵庫の中は空っぽ。

Entrance

棚の上には、マグカップとグラス、コーヒー、お湯を沸かすためのポットがあった。

Balmuda

なんとバルミューダ!

Balmuda

 

レストラン

2階がレストランになっており、朝食はここでいただける。その他の時間は宿泊客は自由に使って良い。仕事をするのも良し、コンビニで買ってきた弁当を食べるも良し、そしてコーヒーマシンや飲み物などは飲み放題。経営を心配になるほどだった。

Restaurant
Restaurant
Restaurant

 

今回の宿泊料金

ここまでキレイで、施設が整ったホテルの一泊あたりの宿泊料金は、3,100円だった…。本当に経営が心配になるレベル。むしろどうやって成り立っているのか教えていただきたいぐらいだった。

予約方法

今回は当時最安値だった Agoda (ネストホテル那覇久茂地)を使って予約した。Booking.com も多くのキャンペーンを行っているので、念の為確認することをオススメする。

 

ホテルの場所・アクセス

・ゆいレール美栄橋駅より徒歩5分
・那覇空港よりお車にて約10分

 

沖縄で安くタクシーの乗りたい方は、今登録すると5000円クーポンがもらえるGO Taxiがオススメ!ここまでのキャッシュバックはなかなか見たことがないから本当にお得!Apple Store か Android ストア からアプリをダウンロードし、以下のクーポンコードを入力するだけ。

 

他のホテル宿泊記

もし、この記事に興味を持ってくれた人がいれば、Twitter でフォローしてもらえると嬉しいです。

Related posts

コメントを残す

Required fields are marked *